情報調査部

広報セミナー(開催レポート) 広報セミナーとは

産経新聞記者が教える伝わる文章教室

日 時: 2013年3月28日(木) 13:00〜17:30
会 場: ISビル(東京・品川区)

3月28日(木)、東京・品川区の天王洲アイルにあるISビルで、社内報や機関紙などの編集担当者を対象に「分かりやすい原稿の書き方」「目を引く見出しの立て方」「依頼原稿のリライト法」をテーマに文章セミナーを開催しました。

講師:森近信厚氏 講師:森近信厚氏

講師は産経新聞編集局次長兼編集センター長の森近信厚(もりちか・のぶひろ)氏。プログラムは講義のほか、与えられたテーマで原稿を書き、見出しをつける実習や依頼原稿をリライトするグループ実習など、体得していただく時間を増やした構成としました。また、今回は事前にお寄せいただいた「お悩み・相談」にアドバイスするプログラムも設けました。

第1部の講義では、原稿の書き方について「一番伝えたいことを先頭に」「無駄を省いた短文で」「難しい漢字や常套句は使わない」など、と説明。テーマをじっくり考え、コンテンツを考えて順番を決め、それらを肉付けする流れが原稿力をアップするコツだと述べました。良い見出しの条件として、「ひと目で記事の内容がわかる」「5W1Hの要素を入れる」など、と解説しました。

第2部の「お悩み・相談」では、句読点のつけ方のルールを例文で紹介。文章のポイントをつかんで、分かりやすく要約するコツ、年長者の文章をなるべく手をいれずに添削する方法などの相談に、「主語と述語のつながりに注意。語句や表現のダブリ、修飾語の多用を避ける」「依頼する際にテーマや文字数をきちんと伝えることで、かなり添削が減らせる」とアドバイスしました。

第3部では、「いつもお世話になっています」をテーマに400字で原稿を書き、見出しをつける実習を行ないました。仕上がった原稿を講師が総合的に講評。個別の原稿は添削して後日、送付しました。

課題テーマを400字の原稿にまとめ、見出しをつける実習
課題テーマを400字の原稿にまとめ、見出しをつける実習

第4部は例題文のリライトと見出しつけの実習。役員が社内報に書いた文章を直す設定で、参加者それぞれが添削を行ないました。その後、グループごとにリライト部分をまとめ、代表者が添削部分を発表しました。講師が全体を講評。模範の添削例を配布してセミナーを終了しました。

——以下、参考用に今回のセミナーの御案内を掲載しています——

社内報や機関誌などの編集担当者にとって、「わかりやすく伝わる文章を書きたい」「頼んだ原稿を手直しすることがニガ手」「内容にピッタリ合った目を引く見出しをつけたい」など、文章にかかわる悩みは尽きないものです。文章上達法などの書籍を読んでみたり…とお困りではありませんか。

当セミナーは、実習を通じて「書くコツ」「直すコツ」「見出しをつけるコツ」を習得していただきます。また日頃、皆さんが悩み、困っている具体的な課題を事前にうかがいます。当日は、いただいたご質問をテーマごとに整理して最善の改善策を現役の産経新聞記者がアドバイスします。

自習(作文)原稿は後日、添削して参加者全員に送付。手直し実習の原稿は可能な限り当日、講評してアドバイスします。

さあ、“書く力&直す力”をアップしましょう!

テーマ 産経新聞記者が教える伝わる文章教室
書く力&直す力を身につけるコツ
日 時 2013年3月28日(木) 13:00〜17:30
会 場 ISビル・1F「プレゼンルーム」 map
東京都品川区東品川3丁目32番42号
受講料 一般=30,000円
フジサンケイ広報フォーラム会員=25,000円
(各税込み)

プログラム

13:00〜14:30 〔講義〕 原稿の書き方&直し方のコツ/見出しの付け方
言葉を選ぶ、表現を工夫する、構成を替えるだけで文章はぐっと読みやすく、わかりやすくなります。現役記者が「伝わる文章」の書き方、直し方、見出しのつけ方のコツを伝授します。
14:35〜15:15 〔お悩み・相談を教材にしたアドバイス〕
事前にいただいた「お悩み」「相談」などをテーマごとに整理して紹介(お名前は発表いたしません)しながら解決策を指導。その場で、ご質問もお受けいたします。
15:15〜16:00 〔実習〕 原稿を書く&見出しをつける
用意した課題をテーマに400字にまとめる。
16:10〜16:25 〔主な実習原稿の講評〕(後日、全員の原稿を添削して送付します)
主な実習原稿の個別講評。(時間の都合上、参加者全員の作品を講評することはできませんが、後日、参加者全員に原稿を添削して送付いたします)
16:25〜17:05 〔実習〕 原稿を直し&見出しもつけてみよう
例題文に手を加え表現を替えたり、削ったり、見出しも付けて文章を磨くコツをつかんでいただきます。
17:15〜17:30 〔主な実習の講評と模範例の紹介〕
主な実習例題文を個別講評。講師の模範訂正例をご紹介します。

お申込み受付中のセミナー

広報セミナーとは

当研究所では、広報活動に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーのテーマは、危機管理からニュースリリースづくりなど、幅広く展開。主なものに「事件と広報」「製品回収事件と広報」「インターネットのリスク管理」「新任広報マン夏期講座」「何がニュースになるか」「戦力としての広報ウーマン」「読まれる社内報づくり講座」などがあります。
情報調査部の業務案内はこちら