情報調査部

広報セミナー(開催レポート) 広報セミナーとは

女性広報・PR/マーケティング担当者向けセミナー

「広報ウーマンのスキルアップ術」講座

日 時: 2013年3月8日(金) 15:00〜19:00
会 場: 日本記者クラブ 大会議室

3月8日(金)、東京・内幸町の日本記者クラブで、女性広報担当者を対象に広報のスキルやキャリアの磨き方、記者が望むニュースや記者とのコンタクト方法などを解説するセミナーを開催しました。

講師は、富士ソフト(株)コーポレートコミュニケーション室長の井上喜久栄氏と産経新聞経済本部部長の長谷川秀行氏、産経新聞社会部長の斎藤浩氏です。当日は、広報に配属されて間もない担当者から中堅の管理職の方々などが参加し、盛況でした。

井上喜久栄氏 井上喜久栄氏

第1部の講演は、経済広報センターの「企業広報賞」の受賞歴もある井上喜久栄氏が、広報キャリアの磨き方について解説しました。井上氏は、広報業務の基本はステークホルダーへの情報開示であるが、その前に広報担当者は、そのスタンスについて経営トップとの間で認識の共有を図っておく必要もあると強調しました。そのためには、社内に広報の重要性を認めてもらう地道な活動が必要と説き、男性と比べてコツコツと仕事をやっていく女性のほうが相対的には広報に向いているのではないかと述べました。このほか、広報パーソンに求められる資質やスキルなど、自身の経験から学んだエッセンスを解説し、講演を終了しました。

長谷川秀行氏 長谷川秀行氏

第2部は、産経新聞経済本部部長の長谷川秀行氏が新聞社の1日の業務の流れから、記者が飛びつくニュースについて実例をあげて解説しました。経済記者は、各企業の取り組みの中から、業界やマーケットといった大きな枠組みのトレンドを紙面に反映させ、読者に経済動向を伝えようとしていると説明。自社単体ではなく、業界の動きのわかる補足説明などがあれば、記事にもしやすいとアドバイスしました。
また、各面のトップに掲載するニュースは、原則としてその日起こったニュースを優先するが、記者クラブへの発表申し込みの段階で、どの程度重要なものなのかを担当記者にあらかじめささやいておくと、当日の紙面を空けて準備してくれることもあると述べました。記者への対応については、本音で語り合える関係を作り上げることが望ましいが、そこまでの関係になれなくとも、ある程度の信頼関係を築く努力が必要と述べ、講演を終了しました。

斎藤浩氏 斎藤浩氏

セミナーの締めくくりは、産経新聞社会部長の斎藤浩氏が社会部記者の特性やニュースの取捨選択について説明しました。斎藤氏は、社会部がカバーするのは、文字どおり社会全般の動きであり、不祥事や事故だけではなく、企業などの活動が社会にどう影響を与えるかといったポジティブな切り口でも記事にすることがあるし、そのように努めていると説明。社会部記者の特性は、正義感の強い、ニュースハンターであり、人間の喜怒哀楽に響くものを大切にする傾向にあると述べ、社会部記者との関係作りの要点を指摘しました。講演の最後では、ある企業の紛糾した事故会見を例に挙げ、会見での言葉の選び方や態度について解説しました。

——以下、参考用に今回のセミナーの御案内を掲載しています——

エフシージー総合研究所では、広報セミナー「広報ウーマンのスキルアップ術」講座を開催します。セミナーでは、流通・人材サービス・IT業界で企業広報の第一線を指揮し、経済広報センターの「企業広報賞」の受賞歴もある女性広報パーソンによる講演や現役の新聞社経済部長、社会部長による新聞報道の裏側についての解説を行います。

講師は、富士ソフト(株)コーポレートコミュニケーション室長の井上喜久栄氏と産経新聞経済本部部長の長谷川秀行氏、産経新聞社会部長の斎藤浩氏です。広報のスキルやキャリアの磨き方、記者が望むニュースや記者とのコンタクト方法など、広報担当者が知っておくべき知恵を3人の講師が伝授します。

プログラムには、講演のほか、講師を囲んで名刺交換会・懇親会も行われます。異業種の広報担当者とも交流でき、その人脈が広報ウーマンのスキルをさらにアップさせることが期待できるセミナーです。ご参加をお待ちしています。

テーマ 女性広報・PR/マーケティング担当者向けセミナー
「広報ウーマンのスキルアップ術」講座
日 時 2013年3月8日(金) 15:00〜19:00
会 場 日本記者クラブ 大会議室 map
千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル9階

Tel.03-3503-2721(代表)
受講料 一般=30,000円
フジサンケイ広報フォーラム会員=25,000円
(各税込み)

プログラム

15:00〜16:00 広報キャリアの磨き方
 —これまでの広報経験を通して—
【講 師】
 富士ソフト(株)コーポレートコミュニケーション室長 井上喜久栄氏
16:00〜17:00 産経経済部のウェブ・ファースト取材
 —経済記者が欲しがるネタとアプローチ方法−
【講 師】
 産経新聞編集局経済本部部長 長谷川秀行氏
17:00〜18:00 不祥事取材だけではない社会部の活動
 —社会部記者の特性と取材の受け方−
【講 師】
 産経新聞編集局社会部長兼科学部長 斎藤浩氏
18:00〜19:00 講師を囲んで名刺交換会・懇親会

お申込み受付中のセミナー

広報セミナーとは

当研究所では、広報活動に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーのテーマは、危機管理からニュースリリースづくりなど、幅広く展開。主なものに「事件と広報」「製品回収事件と広報」「インターネットのリスク管理」「新任広報マン夏期講座」「何がニュースになるか」「戦力としての広報ウーマン」「読まれる社内報づくり講座」などがあります。
情報調査部の業務案内はこちら