情報調査部

フジサンケイ広報フォーラム

広報セミナー(開催レポート)

さとり世代とヤンキー経済

日 時: 2014年6月11日(水)15:00〜17:00
会 場: 日本記者クラブ 9F−宴会場
講 師: 博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー 原田 曜平 氏

フジサンケイ広報フォーラム6月の月例会は、いま最も注目されている若者研究の第一人者、博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平氏を講師にお招きし、さとり世代といわれる20代若者の消費行動や氏の造語で流行語になりつつある「マイルドヤンキー」について解説いただきました。

講演要旨


博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー 原田曜平氏 博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー 原田曜平氏

マーケティングをやっていると、消費者の性向をいろいろ分析しがちですが、「答えは生活者の中にある!!」という考えが重要です。あれこれ考えるよりも、消費者と一緒になってモノづくりをしたほうが早いし、確実です。事実、当研究所ではほぼ全業種のメーカーから声がかかり、所属する若者たちと協働で若者に好まれる製品作りなどに当たっています。

7年ほど前から、中国やアジアの若者も研究対象になりました。成熟した国では、若者はみな同じような嗜好を持つようです。スターバックスでお茶をし、フェイスブックを使い、ミニバンに乗るといった傾向ですね。ちなみに日本では若者のクルマ離れが言われているが、それは首都圏だけの数字で、実際には人口比以上に売れています。

バブルを経験した世代から言わせると、いまの20代の若者は上昇志向がなく、現状維持で夢がないなどとなる。だが、彼ら若者は日本の失われた20年の中で育っていて、下向きのベクトルしか知らない。現状維持を目指すこと自体が上昇志向の表れなのです。頑張れば報われる上向きベクトルを経験しているバブル世代以上の人間には全く理解できないことだと思います。

いまの若者が冷静で、物事を悟ったようにふるまうのも、現状の厳しい経済状況や将来への不安によるものです。大学生の1日の生活費は1067円(2010年)で、40%の大学生が何らかの奨学金を受けているといいます。夢や希望よりも、安定志向で公務員を目指したり、女子学生が一般職や専業主婦を望むことは、こうしたことに理由があると思います。

マイルドヤンキーという、一昔前のヤンキーとは違い、極端なわるさはしないセグメントに注目しています。相対的に低学歴・低所得ですが、地元密着型で消費意欲も旺盛です。親との関係も良好で、地元の半径5キロ圏内でほぼすべての生活が完了しています。ざっくりとした数字ですが、20代の若者の15〜30%ぐらいがこの層に該当するのではないかと類推されます。こういう若者をターゲットとした商品開発、例えば格安のミニバンなどはポテンシャルがあると思うのですが。

いま20代の若者は、世界的にも最も早く、中学3年生ぐらいから携帯電話を使いこなしています。LINEなどでつながっているので、関係が永遠に続き、誰かに悪く思われたくないという気持ちが強くなって、人間関係に異常な気づかいを示すようになっています。こうしたことに疲れを覚える若者も多くて、昔のローテク時代に回帰したいという思いも強くなりつつあるようです。そうしたさとり世代の若者の性向も、アベノミクスによって景気が拡大していけば、変わっていくかもしれません。

——以下、参考用に今回の月例会の御案内を掲載しています——

平素は、エフシージー総合研究所の活動につき何かとご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

フジサンケイ広報フォーラム6月・月例会は、「ヤンキー経済とさとり世代−若者消費を増やす方策とは」と題して、若者たちの行動様式や今後の経済を担うといわれているヤンキー層について分析いたします。講師は、日本・中国・アジアの若者研究、マーケティングなどがご専門の博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平氏です。

平成生まれの現在21歳前後の若者層は、「さとり世代」といわれています。ゆとり教育を受けてきた世代とほぼ重なり、ブランド商品やクルマにも興味がなく、恋愛にも消極的で、やたらとコストパフォーマンスにはこだわる世代といわれています。講演では彼らの実態を解説いただくとともに、ヤンキー経済といわれる新たな消費の主役についてお話しいただきます。

2013年の新語・流行語大賞にノミネートされた「さとり世代」を世に広め、いま、もっとも注目されているマーケティングアナリストの原田曜平氏による講演です。

数少ない機会ですので、関連部門にも声をおかけいただき、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

テーマ/講師
  • 「ヤンキー経済とさとり世代−若者消費を増やす方策とは」
  • 博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー 原田曜平氏
日 時 2014年6月11日(水)15:00〜17:00
会 場 日本記者クラブ 宴会場 map
(千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル9F)
Tel.03−3503−2721

月例会とは

会員制情報サービス組織「フジサンケイ広報フォーラム」が毎月開催する「勉強会」です。広報担当者にすぐに役立つ情報提供を目的にしたものです。勉強会のテーマは、事件・事故、特殊ジャーナリズム、内部告発などへの対応といった危機管理やIRなど。時には企業見学会なども実施します。
月例会には、会員各社から何名でもご参加いただけます。また、テーマによっては関連部門(宣伝部や法務部など)の方のご参加も可能です。
「フジサンケイ広報フォーラム」についての説明はこちら