情報調査部

フジサンケイ広報フォーラム

広報セミナー(開催レポート)

この国の宝となる企業文化とは何か

ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者が語る
日 時: 2012年6月13日(水) 15:00〜17:00
会 場: 日本記者クラブ 宴会場
講 師: 法政大学大学院政策創造研究科教授
法政大学大学院静岡サテライトキャンパス長
坂本光司 氏

フジサンケイ広報フォーラム6月の月例会は法政大学大学院政策創造研究科の坂本光司(さかもと・こうじ)教授を講師に迎え、「ほんとうの優良企業の条件とは」をテーマに人を幸福にする企業、社会についてお話いただきました。

講演要旨

企業の価値は業績ではないと語る坂本光司教授企業の価値は業績ではないと語る坂本光司教授

私は、経営学者として現場主義を貫きたいと考えています。これまで、訪問した企業は6600社に上り、現在も週に2日は企業の現場に出ています。本論に入る前に私が見た、この国の宝とも言える経営者、企業を紹介したいと思います。今日の講演テーマにかかわりのあることです。東京の三軒茶屋に、70代の女性社長が率いる藍工房という法人があります。伝統工芸の製作やレストランを運営しています。このグループで働くほとんどの人は、重度の障害を持っています。この女性社長が事業を始めたきっかけが、「仕事がしたい、働く場所が欲しい、でも就職出来ない」という重度の障害を持つ子供との出会いだったからです。この社長は、お金や名声ではなく、働く人が幸せになるために事業運営をしているのです。もう一つの例を挙げましょう。鹿児島にラグーナ出版という会社があります。社員のほとんどが適応障害、躁うつ病など後天的な精神障害者という会社で、病気治療には、投薬ではなく、労働が必要と考えた、女性の精神科医が始めました。出版業を選んだのは、障害者の多くが絵や文章を書くことが好きだという理由からでした。ここに、会社は誰のためのものかについてのヒントが隠されていると思います。

私は、企業経営とは5人に対する使命と責任を果たすことが目的と定義しています。企業の成長や発展はすべて結果であって、人の幸せという観点から企業経営はなされるべきだと考えています。さて、その5人とは優先度の高い順から

  • ①社員とその家族
  • ②社外社員(取引先社員)とその家族
  • ③顧客
  • ④地域住民
  • ⑤株主・関係者

−を指します。社員が一番大事で、株主は最後というわけです。大企業から中小・零細の企業まで、数多く観察してきましたが、社員第一主義(ES)を貫いている会社はつぶれません。顧客第一主義(CS)という考え方もありますが、幸福ではない社員が、顧客によいサービスなどできない。だから、私は、ESを重視しています。

「日本でいちばん大切にしたい会社」の顕彰制度を2011年からスタートさせました。経済産業大臣賞や中小企業庁長官賞などを設けていますが、応募資格には高いハードルを設けています。この顕彰制度に応募できる企業が増えれば、日本は世界一幸福な国にもなれると信じています。本日この会に参加した企業の方々もぜひ応募してほしいと思います。

——以下、参考用に今回の月例会の御案内を掲載しています——

「フジサンケイ広報フォーラム」の6月・月例会は、法政大学大学院政策創造研究科の坂本光司教授を講師にお招きし、「ほんとうの優良企業の条件とは」をテーマにお話をいただきます。

グローバル化という大きな流れの中で、企業は組織運営やその仕組みについて大きな変革を求められています。世界中の企業のベスト・プラクティスを研究する動きも顕著に見られます。

講師の坂本教授は、世界に決して引けをとらない日本の優良企業などに注目、これまで全国6500ヵ所以上の企業、自治体などを訪問して本当に優良な企業・組織とは何かを調査研究しています。そうした地道なフィールド・ワークから生まれた「日本でいちばん大切にしたい会社」は、ビジネス書としては異例の55万部をこえるベストセラーとなっています。

スケジュール調整のうえ、関係部署にもお声をかけていただき、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

テーマ ほんとうの優良企業の条件とは
講 師 法政大学大学院政策創造研究科教授
法政大学大学院静岡サテライトキャンパス長
坂本光司 氏
日 時 2012年6月13日(水) 15:00〜17:00
会 場 日本記者クラブ 宴会場 map
千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル9階

Tel.03-3503-2721(代表)

月例会とは

会員制情報サービス組織「フジサンケイ広報フォーラム」が毎月開催する「勉強会」です。広報担当者にすぐに役立つ情報提供を目的にしたものです。勉強会のテーマは、事件・事故、特殊ジャーナリズム、内部告発などへの対応といった危機管理やIRなど。時には企業見学会なども実施します。
月例会には、会員各社から何名でもご参加いただけます。また、テーマによっては関連部門(宣伝部や法務部など)の方のご参加も可能です。
「フジサンケイ広報フォーラム」についての説明はこちら