情報調査部

フジサンケイ広報フォーラム

広報セミナー(開催レポート)

野田安全運転内閣、消費税増税で早くも視界不良

現時点では6月に衆院解散の公算
日 時: 2012年1月20日(金) 15:00〜17:00
会 場: 日本記者クラブ 宴会場
講 師: 産経新聞政治部長 五嶋 清 氏

フジサンケイ広報フォーラム1月の月例会は、産経新聞政治部長の五嶋清(ごじま・きよし)氏を講師に迎え、「どうなるニッポン−2012年の政治を読む」をテーマに開催しました。講演後は、講師の五嶋氏を囲んで毎年恒例のフジサンケイ広報フォーラム新年会を開催しました。

講演要旨

産経新聞 五嶋政治部長 産経新聞 五嶋政治部長

昨年9月に野田佳彦氏が首相に就任した。政権発足後の世論調査では、ご祝儀相場も手伝って、支持率が59.9%、不支持率が17.4%という上々のすべり出しではあった。ところが、10月に入ると不支持率が31%と大幅なアップとなった。これは当初、様子見していた国民が不支持に回ったことを意味する。さらに、野田首相が消費税増税に言及した12月の調査では、内閣支持率が35.5%と政権維持の危険水域である30%台に落ち込んでしまった。

野田首相は就任の挨拶で、当面は安全運転でいくと宣言した。野党の攻撃を避けるため、就任後の臨時国会をわずか4日間で閉じようとしたり、マスコミから言質を取られないように、ぶら下がりや定例の記者会見も開かなかったりと、失点を避ける戦術に出た。私は「野田安全運転内閣」と命名したが、これでは国民の支持は得られない。実際、12月19日の新橋駅前の民主党街頭演説は、「解散しろ」、「大嘘つき(増税について)」などの怒号が飛び交うものだった。

いま消費税増税について50%以上の国民が反対している。それは、民主党が消費税の増税には触れずに、ムダ削減による財政再建が可能とうたい、政権をとったという背景がある。国民をだましたと言われてもしょうがないだろう。消費税の増税がこの国の未来にとって避けられないものであるならば、野田首相は真摯な態度で国民を説得するしかない。鳩山・菅政権は「民衆からの信頼」という政治の基本中の基本をぶち壊してきた。野田政権は、国民から「三度目の正直」を求められているのだとも言える。

野田首相は、昨年12月に自分の政権でやり遂げたいこととして、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)、消費税増税などを挙げた。いずれの問題も、国民の間で議論の分かれる問題であり、国民から強く支持されている政権でなければ、国民的なコンセンサスは得られない問題だ。政権運営に安全運転はあり得ない。突然降って湧いてくる問題に大胆なアクセルとハンドリング・ワークでの対応が求められるからだ。

野田政権は今後、3月、6月、9月に大きなヤマ場を迎える。予算案と赤字国債の発行を決める予算関連法案を3月までに成立させられるかどうか、6月の国会会期末に野党が提出するであろう内閣不信任案や問責決議案をしのぎ、会期中に消費税増税法案を成立させられるのか、さらに9月の民主党代表選挙に勝てるのかどうか—が3つのヤマ場である。この3つの選択肢の中では、6月に衆院解散となる見込みが強いが、世論の支持がなければ選挙には勝てない。衆院選までの残り時間は少ない。野田佳彦首相が消費税増税に関して、国民を納得させる条件を打ち出して実現できるかどうかが勝敗のカギを握っている。

——以下、参考用に今回の月例会の御案内を掲載しています——

「フジサンケイ広報フォーラム」の新年1月の月例会は、産経新聞政治部長の五嶋清(ごじま・きよし)氏を講師に招き、「どうなるニッポン—2012年の政治を読む」をテーマに開催いたします。

政権交代から2年以上が経過しました。この間に3人の首相が登場しましたが、外交・経済で混迷が続き、追い討ちをかけるように大震災にも襲われました。わがニッポンは、まさに満身創痍の状態です。超円高に対応した経済・景気対策が急がれる一方で、相変わらずの「政治とカネ」の問題や震災復興、公務員制度改革など解決すべき問題が山積みです。

五嶋政治部長には、2012年の大きな政治課題と「今年の総選挙はあるのか」など永田町の舞台裏の動きを踏まえた政局の行方についてお話いただきます。

当日は、恒例の新年会を兼ねた懇親会も開催します。スケジュール調整のうえ、関係部署にもお声をかけていただき、参加くださいますようご案内申し上げます。

テーマ どうなるニッポン—2012年の政治を読む
講 師 産経新聞政治部長
五嶋 清(ごじま・きよし) 氏
日 時 2012年7月25日(水) 15:00〜17:00
会 場 日本記者クラブ 宴会場 map
千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル9階

Tel.03-3503-2721(代表)

月例会とは

会員制情報サービス組織「フジサンケイ広報フォーラム」が毎月開催する「勉強会」です。広報担当者にすぐに役立つ情報提供を目的にしたものです。勉強会のテーマは、事件・事故、特殊ジャーナリズム、内部告発などへの対応といった危機管理やIRなど。時には企業見学会なども実施します。
月例会には、会員各社から何名でもご参加いただけます。また、テーマによっては関連部門(宣伝部や法務部など)の方のご参加も可能です。
「フジサンケイ広報フォーラム」についての説明はこちら