フジテレビ商品研究所

商品研究レポート

家庭の節電対策(2011年夏)

家庭の節電対策
(2011年夏)

東日本大震災による電力不足により、今夏(7〜9月)は使用電力の15%削減が求められていますので、家庭でできる「節電対策」をまとめました。

 東日本大震災による電力不足により、今夏(7〜9月)は使用電力の15%削減が求められていますので、家庭でできる「節電対策」をまとめました。
 対策は、(1)平日の在宅者ができる (2)過度な「ガマン」を強いない (3)経済的負担はできるだけ避ける ことを念頭に、電力需要が最大になる「平日のピーク時(12〜16時)」と「それ以外の時間帯」に分けて検討しました。
 各家庭により実施が困難な対策もあると思いますが、できるだけ多くの対策をすることが大きな節電になりますので、ご協力をお願いいたします。

14時頃に全体の電力需要が最大になる

夏期の1日の電力需要(最大需要発生日)
<資源エネルギー庁推計>

夏期の1日の電力需要(最大需要発生日)

夏の日中(14時頃)の消費電力(全世帯平均)
<資源エネルギー庁推計>

夏の日中(14時頃)の消費電力(全世帯平均)

家庭でできる「節電対策」(1)

  平日ピーク時(12時〜16時) 平日ピーク時以外及び休日
家電全般 できるだけ使わない!
<特に1000W以上のもの>
必要最小限の使用を心がけ、
主電源を切る、プラグを抜く習慣を!
エアコン
600〜1200W
  • 28度以上に設定
  • 1部屋のみ
  • カーテンやブラインドを使用
  • うちわや扇風機を併用
  • フィルター清掃、室外機の前面空間確保
  • 部屋着の工夫
  • 28度以上に設定
  • 少ない部屋で短時間(タイマー利用)
  • カーテンやブラインドを使用
  • うちわや扇風機を併用
  • フィルター清掃、室外機の前面空間確保
  • 部屋着やパジャマの工夫
冷蔵庫
50〜300W
  • 「中」以下に設定(保冷剤併用も)
  • 扉の開閉を少なく
  • 冷蔵品をできるだけ少なく
  • 冷凍庫は隙間なく
  • 設定温度の見直し(高→中→弱)
  • 扉の開閉を少なく
  • 冷蔵品をできるだけ少なく
  • 冷凍庫は隙間なく
テレビ
50〜300W
  • どうしても見たい番組のみ
  • 携帯ワンセグやラジオを利用
  • こまめに消す習慣を
  • 画面を暗め、音量を小さめに
  • 主電源で切る習慣を
照明
50W〜
  • 未使用時の消灯を徹底
    (廊下、トイレ、洗面所等)
  • 未使用時の消灯
    (廊下、トイレ、洗面所等)
  • 減灯(ダウンライト、複数の蛍光管等)
  • 常夜灯の消灯(防犯灯は除外)
  • 白熱灯を蛍光灯やLED灯へ交換
    (但し、経済的な余裕がある場合)
温水洗浄便座
400〜1200W
  • 便座暖房を停止
  • 温水を低温化
  • 便座暖房を停止
  • 温水を低温化
  • 外出時、就寝時は電源プラグを抜く
パソコン
100〜300W
  • デスクトップは使わない
  • ノートはバッテリー駆動で
    (充電はピーク時以外で)
  • できるだけ短時間の使用に留める
  • マイクロソフトの無償節電ソフトを利用
  • プリンター、スキャナーは使用時のみ
    (電源プラグを抜いておく)
  平日ピーク時(12時〜16時) 平日ピーク時以外及び休日
待機電力
0.1W〜
  • 主電源で切る、電源プラグを抜く
  • 主電源で切る、電源プラグを抜く
  • 特に外出時、就寝時
電子レンジ
1000〜1400W
  • できるだけ使わない
  • 昼食は温めなくて良いものを
  • できるだけ短時間の使用を心がける
    (自然解凍やガスオーブンの利用等)
炊飯器/電気ポット
800〜1200W
  • 使用しない(保温もしない)
  • 朝食時に弁当を作るか、麺類等で
  • ガスコンロ、魔法瓶の利用
  • 朝又は夜に炊飯
  • 保温時間はできるだけ短く
  • ガスコンロ、魔法瓶の利用
食器洗乾燥機
800〜1200W
  • 使用しない(別の時間帯に使用)
  • まとめて回数を減らす
  • 余熱乾燥の利用
洗濯/乾燥機
500〜1000W
  • 使用しない(洗濯も乾燥も)
  • 洗濯はまとめて回数を減らす
  • 自然乾燥を主に(乾燥機は補助)
掃除機
800〜1000W
  • 使用しない(別の時間帯に使用)
  • フローリングや畳は「自動」や「弱」で
浴室乾燥機
1000W〜
  • 使用しない
    (主電源を切る)
  • 夜間〜午前中のみ
    (タイマー利用)
ヘアドライヤー
800W〜
  • 使用しない
  • 使用時間を減らす
アイロン
1000W〜
  • 使用しない
    (別の時間帯に使用)
  • 夜間や午前中に使用する
充電器
(携帯電話等)
5W〜
  • 使用しない
    (電源プラグを抜く)
  • 使用時のみ電源プラグをコンセントに差し、完了後はプラグを抜く習慣を
  • 充電池が放電したら充電する習慣を
    (充電池の寿命にも影響)
録画機器
(BD/DVD等)
50〜100W
  • DVD等の再生はしない
    (TVとの併用になるので)
  • 録画は容認する
    (但し、TVを消すことが条件)
  • できるだけ短時間の使用にする
  • 時計の再設定が面倒でなければ電源プラグを抜く

家庭でできる「節電対策」(2)

● 家電ごとに消費電力を調べる
  → 本体や取扱説明書で確認し、ピーク時の使用の参考に

● すだれやグリーンカーテンで陽射しを遮り、朝夕に打ち水を
  → エアコンの負荷を抑える

● 部屋着やパジャマ等の工夫
  → エアコンの稼働時間を短縮

● 主電源を切る、電源プラグを抜く習慣を
  → 待機電力の削減

● 電気メーターを定期的にチェックする
  → 消費電力量の傾向を把握し、節電意識を喚起する

● 家を無人にする(健常者のみに適用)
  → 家庭でできる最大の節電対策は「留守」

3つの提案

1.日中は家電をできるだけ使わない!
  → 1000W超の家電はピーク時を避け、それ以外も厳選して

2.晴天の平日は外出しよう!
  → →プールに行ったり、量販店/デパートで買い物、図書館で宿題など

3.休暇を取って避暑地に行こう!
  → できるだけ長期間留守にすると節電効果は絶大

測定を依頼される場合のご注意

 測定したいガスに対応した検知管が販売されていたとしても、測定条件やガスの種類によっては当研究所ではお受けでできない場合があります。また、検知管は寿命があり常時保有している種類が限られているので、測定をご依頼の際は早めに下記の連絡先までお問い合わせ下さい

(2011.05.30 商品研究室)

▲PageTop