フジテレビ商品研究所

商品研究レポート

社団法人日本化学会 基調講演

社団法人日本化学会
基調講演

化粧品や食品メーカーなどの研究員を対象に上記のテーマで基調講演を行なった。講師自身の経験から化粧品開発や性能評価の分野を基に話した。

表 題

社団法人日本化学会 基調講演

講 師

暮らしの科学部・部長 菅沼 薫

日 時

2008年1月24日(木)

主 催

社団法人日本化学会 コロイドおよび界面化学部会(部会員数1500名)

場 所

中央大学駿河台記念館

講演テーマ

第25回コロイド・界面技術シンポジウム 「より美しく健康に:暮らしを彩るナノソフトコロイド」
— 女性ユーザーとしての視点から広がるコロイドの世界 —
基調講演 : 「美しさを演出する魅力ある製品をつくるには」

内 容

シンポジウムの初日、化粧品や食品メーカーなどの研究員を対象に上記のテーマで基調講演を行なった。難しいテーマだが、商品の魅力とは何か、魅力ある製品をつくるためにどうすればよいか、講師自身の経験から化粧品開発や性能評価の分野を基に話した。消費行動の現状や大衆感性やファッション・モードのトレンドなども踏まえて、半歩先を読む製品の企画・開発手法や研究員としての心構えなどにも触れた。
また2日目の東京海洋大学大学院教授の矢澤先生による基調講演では、当社で実施した機能性食品による美肌検証結果についても話された。

第1日目〜平成20年1月24日(木)10:00から17:00まで

「美しさを演出する魅力ある製品をつくるには」 株式会社エフシージー総合研究所 菅沼 薫)
「スキンケア化粧品の使い心地と効果の実感」 (日本メナード化粧品株式会社 坂 貞徳氏)
「女性の悩みに応える化粧品開発(ファンデーションにおける開発事例紹介)」 (株式会社カネボウ化粧品 佐野 宏充氏)
「美しい『彩り』と魅力的な『立体感』を演出する口紅の技術について」 (株式会社コーセー 外尾 恵美氏)
「メイク落としの市場と技術の変遷について」 (花王株式会社 津田 ひろ子氏)
「髪の毛で表現される女性の美しさへのアプローチ」 (プロクターアンドギャンブルジャパン 森田 直博、松岡 伸晃氏)

第2日目〜平成20年1月25日(金)10:00から17:00まで

内面から湧き出る健康美の秘訣」 (東京海洋大学大学院 矢澤 一良氏)
「美しい肌のためのサプリメント開発」 (株式会社ファンケル 千場 智尋氏)
「おいしく食べて美肌に」 (日本ケロッグ株式会社 井出 留美氏)
「杜仲茶とヘルシーエイジング」 (小林製薬株式会社 川村 直美氏)
「快適な暮らしを支える合繊テキスタイル素材」 (東レ株式会社 後藤 裕利氏)
「最近の衣類洗剤のトレンドについて」 (ライオン株式会社 橋本 恵美子氏)

なお、シンポジウム主催の日本化学会のコロイド・界面化学部会は部会員数1500名と洗剤・化粧品・食品・繊維・塗料など界面化学研究者の日本で一番大きい学術団体です。

(2008.01.26 商品研究室)

講演テーマ

▲PageTop