エフシージー総合研究所・フジテレビ商品研究所

2014年研究発表

第11回昆虫病理研究会シンポジウム

複数手法によって明らかとなった国内昆虫由来Beauveria属糸状菌の系統関係
日時・場所:2014年9月18日〜20日 富士Calm(一般財団法人 人材開発センター富士研修所)
発表者:○小田尚幸1)2)、畠山吉則2)、岩野秀俊2)
1)エフシージー総合研究所 IPM研究室
2) 日大生物資源応昆研

要旨

 昆虫病原性糸状菌の一種であるBeauveria bassianaは、殺虫性の高い株が微生物農薬として利用されている。近年、海外産Beauveria属菌の系統関係が複数遺伝子配列の解析によって見直され、新種を含む12種に再編された。国内昆虫から多数のB. bassiana株が単離されているものの、系統関係に関する報告は少なく、その系統関係には不明な点が多い。また、国内産B. bassianaには微生物殺虫剤として農薬利用されている株もあり、系統関係の解明は今後の農薬開発への重要な情報となる。そこで、従来手法であるITS配列の解析および新規手法となるGP法の2手法を用いて、国内昆虫由来の既知B. bassianaにおける系統関係を調査した。

 両解析の結果、供試株のいくつかは、同じBeauveria属であるB. brongniartiiB. pseudobassianaに再分類された。このうち、B. pseudobassianaは本研究により初めて国内での存在が明確なものとなった。また、GP法による解析はB. bassianaを4つの系統に細分し、従来手法では識別できなかった複数系統の存在を明らかにした。

環境科学研究室では、「ダニ」「カビ」「微小昆虫類」「抗菌性評価」など
室内環境の有害生物の研究・調査に対応いたします。

【室内環境生物分野の試験および研究】
  • 室内環境中で健康被害を及ぼすダニ・微小昆虫類・カビなどの研究
  • 喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルゲンとなる生物の研究
  • 大学や国公立の研究機関との共同研究
  • 空気清浄機の除菌性能評価、抗菌素材の性能評価などの商品実用試験
  • 異物混入検査

▲PageTop